【超初心者向け】英語リスニング勉強法リピーティングってナニ?

英語リスニング勉強法リピーティングのトップ画像

はじめに

この記事はこんな方におすすめ
・なにから勉強したらいいかわからない方

・リスニングに自信がない方

・発音の仕方がわからない方

こんにちは、アメリカのVR英会話レッスンスタートアップ「イマース(immerse)」が運営する英語学習メディア「イマースラボ」で英語を研究している研究員の「KOJI」です。

今回は英語のリスニング能力を向上させるための勉強法のひとつ、「リピーティング」をご紹介します。

ある言語学者によると、どんな言語においてもネイティブスピーカーは会話中の40~50%の時間を人の話を聞くことに費やしているのだそう。

つまり、スピーキングと同じくらい大切な会話の要素であるリスニングに集中することで、英語でのコミュニケーションがより速く上達することになります。

そこで突然ですが、皆さんは英語の勉強、特にリスニングの勉強をするとき、どうやって勉強してますか?また、何か特別な勉強法を使っていますか?

ネットでリスニングの勉強法を調べてみると、シャドーイング聞き流しなどに関する記事をたくさん目にします。

もちろんこれらの勉強法はリスニング能力を向上させるのにとても良い方法だと言えます。

ただ、

「リスニングの勉強法を調べたら一番よくでてきたシャドーイング、やってみたけどこんなの難しくてできないなぁ。いったい何から始めたらいいの。。。」

と、くじけてしまった方、安心してください!

実はこういった勉強法って、ある一定のレベルのリスニング能力まで達している人、いわば上級者向けの勉強法なんです。

小学校の体育の授業を思い出してみてください。いきなり跳び箱十段を跳びましょう、って言われたって出来なかったですよね。

五段、六段とだんだんレベルを上げていって、慣れてきたら十段にチャレンジ、といった流れだったはずです。

英語学習も同じで、始めたばかり頃にいきなり上級者向けの勉強法に取り組んでも、あまり成果に結びつかないんです。

僕も英語を勉強しはじめたばかりで中学レベルの英語しか理解できなかった頃、同じ壁にぶち当たりました。

そこで、「この勉強法は自分にあってないな、じゃあ自分のレベルにあった勉強法っていったいどんな勉強法なんだろう。」と模索していた時に出会った勉強法が、リピーティングです!

“Repeat after me, this is a pen.”

このフレーズ、皆さんもきっと一度はどこかで耳にしたことがあるんではないでしょうか。

実は、この “Repeat after me.” こそが今回紹介するRepeating(リピーティング)の基本なんです!

この記事ではそんなリピーティングの手順や効果、使えそうな教材まで一気にご紹介します。

”The first step is always the hardest.”

(日本語訳)最初の一歩はいつも最も難しい

アメリカのことわざの一つにこんな言葉があります。物事は最初の段階がいちばん困難なものですよね。

この記事を通して僕と一緒にリスニング勉強の第一歩を踏み出しましょう!

【英語リスニング力をつける勉強法①】リピーティングとは?

英語リスニング勉強法リピーティングの画像
Image by rawpixel from Pixabay

まずはリピーティングについて一言で説明したいと思います。

リピーティングとは・・・

音声を聞いた通りに繰り返すこと

です。少しザックリし過ぎてしまいましたね。

Repeat” とは日本語で「繰り返す」という意味で、耳で聞いた英文をそのまま繰り返す作業をリピーティングといいます。

流す英語は、長めの1文を区切りながらや、1フレーズだけ、また1単語だけと、自分のレベルにあった長さやスピード、また難易度で取り組んだもらってかまいません。

そして、ここで最も重要なのが、流れた英文と同じスピード、アクセント、イントネーション、さらにドラマやアニメ、スピーチなどを使用して行う場合は、そのスピーカーと同じ感情の入れ方でリピートすることです!

目の前に自分の話を聞いている人がいて、その人に向かって話しているんだ、と想像しながら練習すると効果UPです。

実はこの行為の繰り返しって、赤ちゃんが言葉を覚えるときに行う作業に似ているんです。

そう考えると、リピーティングが英語学習においてとても効果があることがわかりますよね!

それではリピーティングの手順を説明していきます。

【英語リスニング力をつける勉強法②】リピーティングの方法

英語リスニング勉強法リピーティングの画像2
Image by Foundry Co from Pixabay

先ほど説明したように、リピーティングとは、いわゆる “Repeat after me.” から始まる行為とおなじです。

それでは、リピーティングの手順をステップ別に説明していきます。

STEP.1
教材選び
自分のレベルにあった教材を選びましょう。英語学習用テキストや単語帳、また、映画でもいいですが、ネイティブの音声CDとスクリプトなどが付属されているものを選びましょう。ただし、スクリプトを見るのはリピーティングの終盤です。
STEP.2
一度音声を全部聞く
教材から英文を選び、センテンスを全部聞いてみましょう。
リピーティングの効果を最大限に引き上げるために、音声をただ聞くのではなく、しっかり意味を理解しながら聞きましょう。
STEP.3
一時停止→復唱
単語の場合は単語ごとに、センテンスならカンマとピリオドごとに一時停止して、聞いた音声を復唱しましょう。
センテンスが少し長いと感じる場合はandやbutなどの接続詞で止めても良いかもしれないですね。
STEP.4
スクリプトの確認
ここで初めてスクリプトに目を通します。聞き取れなかった単語や意味が分からないままリピートしていたフレーズを確認して、きっちり理解したら、スクリプトを数回音読しましょう。
分からなかったところは後で見てわかるようにチェックしておくとGoodですね。
STEP.5
全部リピーティング
スクリプトで全体の意味を理解したら、今度は全文をノンストップでリピートします。
できるだけ一語一句正確にリピートしてください。

聞き取れなかったり、うまく発音できなかったからと言って、落ち込む必要はありません!自分には何が足りていないか、を知ることが英語学習の一番大事なキーポイントです。

【英語リスニング力をつける勉強法③】リピーティングの効果

英語リスニング勉強法リピーティングの画像3
Image by jamesoladujoye from Pixabay

リスニング能力UP

リピーティングを続けているうちに、TOIECのリスニングセクションや英語のポッドキャストが少しずつ聞き取れるようになってきます。つまり、自分の実力が伸びていると感じられる機会が多いんです。

センテンス内の1単語ずつに神経を集中させて、なおかつ意味もとらえながら行うリピーティングを継続すれば必ず効果はあらわれます。

大切なのは継続することです。根気強く頑張りましょう!

スピーキング能力UP

リピーティングを行うと、結果的に英語のセンテンスを記憶する作業につながります。

何事も一度自分の中できちんと理解して、記憶した物事は脳に定着しやすいです。

英語も同じで、きちんとリピーティングの過程を通したセンテンスは自分のものになっているはずです。

英会話の場面で自然と口から出てくるくらいまでになると完全に自分のものになったと言えますね!

ネイティブの発音、抑揚が身につく

先ほど言ったように、流れた音声と同じ発音、スピード、アクセント、イントネーション、感情移入でリピートすることでネイティブの発音により近い発音を身につけることができます。

「何度聞いてもリピートできなかったのに、スクリプトを確認したらすぐにわかった。」となった場合は実はチャンスです。

自分の発音とネイティブの発音の違いに気付けることもリピーティングの大きなメリットの一つです。

スマートフォンの音声レコーダーで自分の発音を確認してみるのも良いですね!

【英語リスニング力をつける勉強法④】リピーティングの注意点

英語リスニング勉強法リピーティングの画像4
Image by Pham Trung Kien from Pixabay

リピートできない原因を理解する

リピーティングを続けていくなかで、何度聞いても完璧にリピートできないな、と思う場面が来ると思います。

実はそうなってしまう原因は2つあります。これをきっちり把握するとしないとではリピーティングの効果に大きな差がでるのでしっかりおさえておきましょう!

まず一つ目が、文法やボキャブラリーの不足です。

音声の中に、見たこともない単語や、きちんと理解していない文法表現がよく出てくることが原因でリピートできないことがあります。

わからない表現が出てくるたびにマーカーで線を引いたりしてチェックするのも良いんですが、あまりにわからない箇所が多い場合は教材をより簡単なものに変える、もしくはその教材で出てくる文法や単語を事前に全て学習することをお勧めします!

そして二つ目が、英語の発音に耳が対応できていない場合です。

この場合は、スクリプトを見たら意味がわかる場合が多いです

つまり言ってる内容は簡単でも聞き取れていない状態です。この場合は、教材を変えずに聞き続けてください。

英語の発音では子音同士が繋がったり、子音が消えたりすること(リンキング)がよくあります。

このリンキングに対応できる耳をつくることはリスニング能力の向上に大きく関わってきます。根気強く続けましょう!

リピーティングだけに没頭し過ぎない

ここまで、リピーティングを紹介してきましたが、ひとつだけの学習法にこだわらないことも大切なポイントです。

その方法が効果的な人もいるのかもしれませんが、そうでない人も多いと思います。

自分の状況に合わせて、リズム学習、発音、音読筆写など、様々な学習法を組み合わせましょう。

そうすることで、より効果的に実力を上げることができます。

リピーティングは、学習の補助として行うのにはオススメです。発音の変化や英語のイントネーションや」リズムを理解したあとで、もう一度やってみましょう。以前よりも聞き取れるようになっているはずです!

【英語リスニング力をつける勉強法⑤】リピーティングのための教材・アプリ

英語リスニング勉強法リピーティングの画像5
Image by engin akyurt from Pixabay

TOIECや英検のリスニング問題

TOIECや英検のリスニング問題は、全て正しい表現や文法を使って構成されています。そして、発音もクリアなのでリピーティングには最適です。

また、問題集を購入すると、解説やスクリプトがついているのでリピーティングする時に便利ですよ。

スコアアップにも繋がると思うので、ぜひ試してみてください!

TOEIC presents English Upgrader

TOEICが提供しているスマホアプリです。英語音声、解説、クエスチョン、そして日本語音声を含むシチュエーション別のスクリプトをいくつも聞くことが出来ます。

一時停止も可能なのでリピーティングに有効だと思います。

また、テキストも必要ないですし、なんならスマホを眺めておく必要もないので、通勤通学時に聞くこともできます。

海外ドラマや映画

こちらがリピーティングに良い理由は、登場人物に感情移入しやすい点と、ネイティブが日常会話で使用する表現を学習できる点です。

ただこの方法は初級というよりは、中級・上級者向けの勉強法なので、自分に自信がついてきたらトライしてみましょう。

シチュエーショが映像を通して直接目で見られるので、思いっ切りその役になりきってリピーティングしてみましょう!

【まとめ】リピーティングでリスニングの土台を作ろう!

いかがだったでしょうか?

リピーティングはリスニングの土台をつくるのにとても有効な勉強法です。

もちろん、すぐには成長を実感できないかもしれませんが、根気よく、1日15分でもいいのでコツコツ続けてみてください!

ただ、「一人勉強するのは苦手だし、不安だ」、「実際にアウトプットしたい」思う人もいると思います。

そんな方は、リアルな場所で、アメリカ人ネイティブによる洗練された英語を勉強することができるVR英会話サービス「イマース(immerse)」を使ってみてください。

レストラン、空港、ホテルのカウンターなど数十種類のリアルなシーンの中で実践的な英語を勉強することで、通常英語学習の2倍から3倍の効果が実証されています。

詳細が気になる方は記事下の「詳しくはこちら」ボタンをクリックしてみてください