テレビ朝日「スーパーJチャンネル」でも報道!英会話スクールのイーオンにてVR英会話レッスン「AEON VR」実施中!

【英語で観光案内】日本を案内してみよう!今すぐ使える例文集

観光案内英語アイキャッチ画像

こんにちは、アメリカのVR英会話レッスンスタートアップ「イマース(immerse)」が運営する英語学習メディア「イマースラボ」で英語を研究している研究員の「SAKURA」です。

イマースが運営するイマースラボでは「英語で、世界へ」をテーマに「すぐ使える実践的な英語フレーズ」を紹介しています。

近年、日本でじわじわと数を増やしている訪日観光客が話題になっていますよね。

今回は、「観光案内で使える英語フレーズ」をご紹介していきます。

訪日観光客の方々に話しかけられても、自信を持って答えられるようになりましょう!

【はじめに】日本を英語で案内しよう!

観光案内画像
kimura2によるPixabayからの画像

街を歩いていて外国人観光客を見かけることが増えてきたように感じませんか?

政府も東京オリンピックの開催される2020年までに観光客4000万人を目標に掲げ、海外からの観光客を増やすために様々な活動を促進しています。

街で外国人旅行者に話しかけられたり、困っている姿を見たりしても
「英語に自信がなくて答えられない…」という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

私もそのような経験があり、役に立つことができずすごく悔しかったです。

また、訪日観光客の方と話すことで、日本国内にいながら英語を上達させるチャンスを得ることができます。

お金がなくて留学を諦めた、という方も観光案内のボランティアやアルバイトに参加することで、お金をかけずに日頃学習している英語のアウトプットができます。

それでは実際に使えるフレーズたちを見ていきましょう!

【道案内編】英語で道を説明

観光案内画像
Free-PhotosによるPixabayからの画像

日本は道が狭い上に複雑に入り組んでいて、迷ってしまっている観光客の方をよく見かけます。

英語で道を案内するのは意外と難しいです。

いつでも道案内ができるように、紹介したフレーズを繰り返し練習してみてください。

観光客

Excuse me.
(すみません。)

Could you tell me how to get to the 〇〇, please?
(〇〇へはどうやって行くのですか。)

How can I get to this address?
(この住所へはどうやって行くのですか。)

「この道を次の角までまっすぐ行ってください。」
Go straight along this street to the next corner.

「この道を信号機に着くまでまっすぐ行ってください。」
Keep going straight until you get to the traffic light.

「映画館を通り過ぎてください。」
Go past the movie theater.

「右(左)に曲がってください。」
Turn right (left).

「3番目の角を右(左)に曲がってください。」
Take the third corner to the right (left).

「右手(左手)に見えます。」
You’ll see it on your right (left).

「それは道の右側(左側)にあります。」
It’s on the right (left) side of the street.

「銀行の隣です。」
It’s next to the bank.

「〇〇通りと〇〇街の交差点にあります。」
It’s at the corner of 〇〇 Street and 〇〇 Avenue.

自分もその辺りに詳しくない場合には

「交番で尋ねられるといいでしょう。」
 It’s better to ask someone at the police station.

「すみません、私もよくわからないのです。」
I’m sorry, but I’m a stranger here, too.

といって断りましょう。

道案内で使える単語

直進する:go straight

通り過ぎる:go past

方向・道順:direction

どんどん行く:keep going

目印:landmark

右側:on the right

左側:on the left

右に曲がる:turn right

左に曲がる:turn left

【交通機関編】乗り換えや路線を英語で説明

観光案内画像
二 盧によるPixabayからの画像

日本の公共交通機関は時間通りに到着しますしどこにでも行けるので素晴らしいですが、海外の方とっては多くの線が入り組んでいて複雑で難しい!

困っていそうな方がいたら進んで助けてあげましょう。

「〇〇線に乗って〇〇駅で降りてください。」
Take the 〇〇 Train (Line) and get off at 〇〇 Station.

「〇〇駅で降車します。」
Take off the train at 〇〇 Station.

「〇〇駅は3番目の駅です。」
〇〇 station is the third stop.

「〇〇駅で〇〇線に乗り換えてください。」
Transfer to the 〇〇 Line at 〇〇 station.

「〇〇行きの〇〇線に乗ってください。」
Take the 〇〇 Line going toward 〇〇.

「その駅に行くまでにおよそ10分ほどかかります。」
You will get there in about 10 minutes.

「バスに乗った方がいいですよ」
You should take a bus.

駅の名前や路線名は覚えるのが大変です。

その場合は携帯電話にメモを残してあげたり、紙に書いて手渡してあげたりすると、安心ですし親切です。

乗り物の説明で使える単語

乗る:take / get on / board

降りる:take off / get off

乗り換える:transfer / change

〜行き:bound for / going toward

地下鉄:subway

バス:bus

タクシー:taxi

【観光案内編】観光地を英語で説明

観光案内画像
Marcelo KatoによるPixabayからの画像

今や日本全国の観光地に訪日観光客の方が訪れています。

どこでも使えるフレーズなので、場所の名前を変えて様々な場所で使ってみてください。

「ここが〇〇です。」
This is 〇〇.

「ここは〇〇で有名です。」
This place is famous for 〇〇.

「これは日本語で〇〇と言います。」
We call this  〇〇 in Japanese.

「ここには〇〇があります。」
There is a 〇〇.

「これは778年に建てられました。」
This was built in 778.

何かをおすすめしたい場合には

「〇〇することをおすすめします。」
I recommend that you do 〇〇.

「〇〇した方がいいよ!」
I think you must do 〇〇!

doの部分を他の動詞に変えることで、〇〇するという表現だけでなく、
eat:食べた方がいいよ、visit:訪れるべき、などおすすめの幅を広げることができます。

「〇〇をやってみるべき。
You should try 〇〇.

現地の人のおすすめを聞けるのは、旅行者にとっては嬉しいですよね。

でも何かプランがあるかも知れないので、意見を押し付けるようにならないように気をつけましょう。

【食べ物編】味や内容を英語で説明

観光案内画像
naturalogyによるPixabayからの画像

日本食はヘルシーで美味しいと世界的に人気があります。

寿司や天ぷらが世界的に人気ですが、近年ではラーメンやトンカツなどにも人気が出てきました。

でも海外での食事は味や材料が想像できない分、不安もありますよね。
アレルギーや宗教上の理由で食べられない食材があるかもしれません。

味や内容を英語で説明してあげれば、安心して食事を楽しむことができます。

料理の説明をする前に食べられないものはないか聞いておくのがいいでしょう。

宗教上の理由で食べられない食材はありますか。」
Is there anything you cannot eat because of religious reasons?

「アレルギーはありますか。」
Do you have any allergies?

聞かれる質問として考えられるのは

観光客

What is 〇〇 like?
(〇〇は何ですか。)

What kind of dish is this?
(これはどんな料理ですか。)

What is it made of?
(何でできていますか。)

What’s in this dish?
(この料理には何が入っていますか?)

「〇〇は魚料理です。」
〇〇 is a fish dish.

fish dish:魚料理 meat dish:肉料理 vegetable dish:野菜料理

「〇〇です。」
It’s 〇〇.

味や食感を表す形容詞を入れることで、その料理がどのような味や食感なのか説明することができます。

「〇〇のような味がします。」
It tastes like 〇〇.

似たような味の料理を挙げることで、味のイメージがつきやすくなります。

味を表現する単語

美味しい:good / delicious

甘い:sweet

辛い:hot / spicy

苦い:bitter

酸っぱい:sour

塩辛い:salty

まろやか:mild

濃い:strong

あっさり:plain

食感を表現する単語

噛みごたえのある:chewy

ネバつく:sticky

やわらかい:tender

ふわふわした:flaffy

パリッとした:crispy

なめらかな:smooth

ホクホクとした:flaky

ジューシー:juicy

「〇〇から作られています。」
It’s made from 〇〇.

単に原材料を伝えるのもいいですが、どのように調理されたものかを付け加えることで、さらにイメージがつきやすくなるでしょう。

例:boiled egg(茹でた卵)

「〇〇の材料は〜です。」
Ingredients in 〇〇 are 〜.

調理方法を表現する単語

炒める:stir-fry

揚げる:deep-fry

茹でる:boil

蒸す:steam

煮込む:stew / simmer

焼く:grill / broil

切る:chop / slice 

【買い物編】おすすめのお土産を英語で説明

観光案内画像
Marcelo KatoによるPixabayからの画像

観光での楽しみの一つといえばお土産選びではないでしょうか?

せっかくの旅行、家族や友達にその土地ならではのお土産を手に入れたいですよね。

地域ごとに有名なお土産がありますので、英語で説明してあげましょう。

観光客

What is a popular souvenir?
(人気のお土産は何ですか。)

「この地域で人気のお土産は〇〇です。」
〇〇 is popular souvenir around this area.

「特産の〇〇を使ったものがオススメです。」
I recommend the products using 〇〇.

「これは外国人に人気があります。」
This is really popular with foreigners.

【質問編】何をしたいかを英語で質問

観光案内画像
Florence D.によるPixabayからの画像

今までは案内や説明のフレーズを中心にご紹介しましたが、ここからは相手に何がしたいか、何が食べたいか、など質問する際のフレーズをご紹介します。

困っていそうな外国人観光客の方を見かけたら

「お手伝いしましょうか?」
Do you need any help?

「何かお探しですか?」
Are you looking for something?

と行って声をかけましょう。

相手から話しかけてくることもありますが、日本では英語が話せない人が多いので話すことをためらっていることもあるかも知れません。

笑顔で話しかけることで、相手の不安も少しは減らしてあげられます。

ボランティアやガイドとして案内をする際は下記の質問をしてみましょう。

「どこに行きたいですか?」
Where do you want to go?

「何がしたいですか?」
What would you like to do?

「何か見たいものはありますか?」
Is there anything you want to see?

「何を食べたいですか?」
What kind of food do you want to have?

「何か買いたいものはありますか?」
Is there anything you want to buy?

これらの質問をすることで、相手にとってより満足度の高い観光や案内ができます。

観光に来ている方がしたいことをすることが一番重要なことなので、積極的にコミュニケーションをとっていきましょう!

また、案内を終えた後にはお礼を言われることもあるかと思います。

そんな際には

「どういたしまして。」
You’re welcome.

「お役に立てて嬉しいです。」
My pleasure.

「問題ありません。」
No problem. / No worries.

「良い一日を!」
Have a great day!

「旅行を楽しんでください。」
Enjoy your trip.

と返してあげましょう。

これらのフレーズは日常会話でも使うことができるので、しっかり覚えてくださいね!

【まとめ】自信を持って日本を案内!

観光案内画像
Sofia TerzoniによるPixabayからの画像

いかがでしたでしょうか。

今回は「観光案内で使える英語フレーズ」をご紹介しました。

観光客の方と会話をすることで日本にいながら英語を話す機会を得ることができるので、英会話の機会を探している方には観光ガイドボランティアなどをオススメします。

皆さんも海外旅行で観光している際には、現地の方と交流したいと思われると思います。

自分たちの声かけや案内で、もっと日本を好きになってもらえたら嬉しいですよね。

訪日観光客は今後ますます増えることが予想されていますので、しっかり覚えて英語を話すことに慣れていきましょう!

フレーズを覚えておくことで、急に話しかけられたとしても自信を持って話すことができます。

ただ、「一人で覚えるのは苦手だし、不安だ」、「事前に練習したい」思う人もいると思います。

そんな方は、リアルな場所で、アメリカ人ネイティブによる洗練された英語を勉強することができるVR英会話サービス「イマース(immerse)」を使ってみてください。

空港、ファストフード店、ホテルのカウンターなど数十種類のリアルなシーンの中で実践的な英語を勉強することで、通常英語学習の2倍から3倍の効果が実証されています。

詳細が気になる方は記事下の「詳しくはこちら」ボタンをクリックしてみてくださいね。